岡田健史の本名は水上恒司!事務所との契約解除でガチ裁判中!名義も返上して再スタートを切れるのか??

Pocket

俳優・岡田健史さんの本名は水上恒司・みずがみこうし!って本当?
本名がすごくかっこいい!と評判ですが、なぜわかったのか気になりませんか。

ここでは岡田健史さんの芸名や本名にまつわるウワサと、岡田健史さんが所属事務所との契約で裁判になっているその真相を徹底的にまとめます。

 

レッサーパンダのハイネ

若手俳優の中でも期待の役者さんやね。
裁判中ってなんや揉めてるんか?気になるな。

オウムのオルステッド

 

この記事から分かること!

・岡田健史さんの本名は水上恒司ってどうしてわかったか?
・芸名の由来は?
・事務所との裁判沙汰の真相とは?
・世間の声は?

岡田健史の本名は水上恒司!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenshi Okada 岡田健史(@kenshi_okada_official)がシェアした投稿

 

  • 岡田 健史(おかだ けんし)
  • 生年月日: 1999年5月12日
  • 出生地:福岡県
  • 血液型 :O型
  • 身長 :180 cm
  • 職業 :俳優
  • 活動期間: 2018年 –
  • 事務所 :スパイスパワー
  • 出身校:創成館高等学校

 

岡田健史の本名は水上恒司(みずかみこうし)です。
本名が芸名の様でかっこいいですね!
公式には発表されていない本名ですが、どうしてわかったのか….、また芸名の由来も気になります。

 

判明した理由はSNS?

 

岡田健史ってどんな人?本名や彼女は?モテモテエピソードにイケメン ...出典:トラさんのがおろぐ

 

岡田健史さんの本名が水上恒司(みずかみこうし)だと判明した理由はこちらの3つ!!

 

  1. 長崎の強豪・創成館野球部だったということ
  2. Twitter情報から広まった
  3. 創成館校長ブログで演劇部時代の写真が公開されていた

 

岡田健史さんのテレビドラマデビューは人気女優・有村架純さんの相手役でした。
教師役の有村架純さんと恋に落ちる高校役でしかも新人ということで大きく報じられました。

その時の新聞の記事でも「長崎の強豪校出身」と大きく報じられ、その出身校はすぐに特定されました。

 

 

岡田健史さんが芸能界デビューしたときに所属事務所の公式プロフィールでは、本名や出身校の公表はされていませんでした。
しかし、デビューの際に新聞で”長崎の強豪校”と出てしまったことから、特定に時間はかからなかったということです。

 

出身校の創成館高校・野球部は強豪校として有名です。
その野球部でキャッチャーだった岡田健史さん。

 

「水上」という本名は、地元でも知ってる人は知ってる!
そしてかなりモテていたのでドラマデビュー作「中学生日記」を見た人の中でも創成館の水上君!?と話題
になっていました。

 

それじゃ今の時代、SNSなどでもすぐ広まってしまいますよね。

 

 

岡田健史さんは福岡市立和白丘中学から野球の特待生として2015年4月に創成館高校入学し、2018年3月に卒業しています。

 

 

 

 

なんとも高校生の時からめっちゃイケメンです!!これは相当目立っていたことでしょう。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenshi Okada Fanpage⚾️(@kenshi_taurus)がシェアした投稿

 

出典:芸能人の噂メディア

 

同級生や他校の女子生徒、いや全国的にすでにファンがいたほどモテていたという感じがしますね。

 

そして野球部引退後に岡田健史さんは演劇部で活動しています。
それがわかるのが2017年 10月 16日の創成館校長のブログです!

 

出典:創成館校長ブログ

 

岡田健史さんの名前こそ出ていませんが、そこに写っているのはまさに岡田健史さんです!
高校がどこか判明したと同時に本名がバレるのは時間の問題だったかもしれませんね。

 

芸能界に入るきっかけ

 

出典:創成館校長ブログ

芸能界に入るキッカケになったのは、野球部引退後に助っ人として参加した演劇部です。

 

岡田健史さんのイケメンぶりはすでに中学生のころから評判で、スカウトもその頃からすでに始まっていたというウワサも。
しかし野球に一所懸命だった岡田健史さんは、芸能界に興味がないので断っており、野球に専念する学生生活を送っていました。

 

ただ高校生活最後の夏、創成館高校の野球部は甲子園出場できませんでした。
これがもしかすると、岡田健史さんの中でも何か不完全燃焼の様なものがあったのかもしれませんね。

 

そして高校3年生の野球部を引退したあと、演劇との出会いがありました。
演劇部の顧問の先生が”役”にピッタリの生徒を探していて、岡田健史さんに声をかけたということです。
そのときのことを岡田健史さんがこのようにインタビューで答えています。

 

出典:ぴあ

 

「野球部を引退した後に、演劇部の顧問の先生から助っ人として大会に出てほしいとたのまれたのがきかっけです。」

ーー先生は、他の子にも声をかけていたのですか?

「いえ、自分だけです。演劇部の男子キャストが役にハマらないということで、
顧問の先生が誰かいないかと探していた時に、校長先生が僕の名前をだしてくださったみたいで。」
出典:ぴあ

 

▼向かって一番左がその校長先生です。右に岡田健史さんがいます!

出典:創成館校長ブログ

 

誘われた岡田健史さんも快く引き受けることになるのですが、この時の「髪を梳かす八月」という作品は、
岡田健史さんが高校3年生の2017年10月開催「中地区演劇発表会」で「優秀校」、11月「長崎大会」で「最優秀賞」、12月「九州大会」で「最優秀賞」を受賞し、
2018年の全国大会への出場を決めています。

 

出典:創成館校長ブログ

 

出典:創成館校長ブログ

 

この作品テーマは「長崎原爆」で岡田健史さんは特攻隊員の役でした。
高校生とはいえ、重いテーマのこの作品でやはり観客を引き込む演技力も求められるところです。

 

2018年3月に卒業の岡田健史さんは全国大会へは出場していませんが、実は大会での審査員の評価では岡田健史さんが個人的に名前を出されてとてもいい評価をされています。
実はこのことが役者になるため芸能界の道に進む直接的なきっかけとなったということです。

 

「実は、俳優になろうと決意した大きなきっかけが、(演劇部の)県大会の時に審査員の方から名指しでお褒めの言葉をもらったことなんです。
(略)顧問の先生からも『名指しで褒められてる人は、めずらしい』と言われて。自分なりに取り組んだ結果が評価してもらえたことはもちろんですが、
(名指しでの賛辞は)めったにないことだと知って、よりうれかったですね」
出典:ぴあ

 

初めて人前で演技したことでとても素晴らしい結果と評価が岡田健史さんの芸能界への道に背中を押したという感じだったのですね。

 

レッサーパンダのハイネ

野球でずーっと頑張ってきて、また頑張ろうと思える目標が俳優やったんやね。
褒められるって大事や!わしも褒めて~や。

オウムのオルステッド

 

芸名の由来はどこから?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenshi Okada 岡田健史(@kenshi_okada_official)がシェアした投稿

 

岡田健史さんの芸名「岡田」の由来は、所属事務所「スパイスパワー」の女社長・岡田真弓社長の苗字からつけられました。

 

▼岡田真弓社長

出典:文春オンライン

 

実はこの「スパイスパワー」が中学生だった岡田健史さんを芸能界に!と熱心にスカウトしていた事務所です。

なんでも5年間、ずーーーーっと狙っていた(いえいえ;;;)スカウトし続けたという事務所なんです。

それだけ、岡田健史さんは光っていたんですね!
そして「健史」の芸名は公式に発表されていません。

 

ただネット上でのウワサとして「剣士」をイメージさせた名前を選んだのではないかと言われていますが、男らしい・強いイメージがしますね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenshi Okada 岡田健史(@kenshi_okada_official)がシェアした投稿

 

こちら、岡田健史さんが描いたと思われる”お侍さん”と思われる絵です。
公式のインスタに投稿されています。

 

健史は”剣士”からくるのでは?というウワサをまるで裏付けるかのような…..そんな風にも思えますね。
なにはともあれ、岡田社長の入れ込み様も、自分の苗字を芸名にするくらいなので相当なものだと思います。

 

芸名にした理由は何が考えられる?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenshi Okada 岡田健史(@kenshi_okada_official)がシェアした投稿

 

岡田健史さんの本名の水上恒司(みずかみこうし)というのもなかなかカッコいい!名前ですが、芸能界で芸名を使った理由はなんなのか、考えられる理由としてはこちら!

 

  1. 慣例と、プライベートとの切り分け
  2. 事務所の意向
  3. 活動していること自体を隠すため
      

 

出典:インスタグラム

 

慣例と、プライベートとの切り分け」というのは、プライベートと仕事をはっきり線をひくためと多くの芸能人が芸名を使う理由にしているところと思います。
一番わかりやすい理由ですよね。この理由だと本人の希望ということになりそうですが。

 

出典:インスタグラム

 

事務所の意向」というのは大いに考えられます。
というのも、先ほど芸名の由来のところでも触れましたが、芸名の「岡田」が事務所「スパイスパワー」の岡田真弓社長の”岡田”から来ているというので、その岡田を名前に付けたいという事務所の思いもあり、芸名にしたのかもしれません。

 

出典:インスタグラム

 

活動していること自体を隠すため」というのは誰に対して隠すのかと思った時に岡田健史さんの地元の方々だったりでしょうか。
でもその方がちょっと無理がありますね。

出身校がバレた時点で野球部に行きつき、本名がバレたくらいですから。
やはり、芸名はプライベートと仕事に線を引くか事務所の意向だと思われます。

 

レッサーパンダのハイネ

今の時代は結構、本名で活動している人もいるやん。でももちろん芸名の人も多くて。。。
「岡田健史」「水上恒司」、どっちもええな!

オウムのオルステッド

 

所属事務所とガチ裁判で芸名を返上!?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenshi Okada 岡田健史(@kenshi_okada_official)がシェアした投稿

 

岡田健史さんが所属事務所に契約解除を求め、裁判沙汰になっています。
この裁判で決着がつけば、岡田健史さんはその後の芸能活動は本名でする意向を固めていると言われています。

 

岡田健史さんは2021年5月大河ドラマの撮影中時期にかかわらず、裁判所に出廷したというのは事実です。
報じたのは『女性自身』(5月18日発売号)で記事によると、岡田健史さんが事務所に契約解除を求めて裁判沙汰になっているという内容です。

 

 岡田さんもお給料、寮生活、自分が望まない仕事を入れられることで不満を募らせていたと裁判で主張。そんななか、今年に入り、事務所社長による所属タレントへのセクハラ、スタッフへのパワハラが明らかになり、岡田さんの不満が爆発したと報じられました。日本アカデミー賞の授賞式の数日後に寮を飛び出したのです」(芸能関係者)

 事務所との話し合いでは解決せず、契約期間2年弱を残しながら、岡田は裁判所に契約解除の仮処分を求めた。
出典:NEWSポストセブン

 

この事務所の「スパイスパワー」の岡田真弓社長は、実は業界ではちょっと有名な方で…もちろん、芸能事務所の社長として豪腕であると言われていますが、悪いウワサもでています。

ワンマンなゆえに社員や所属タレントが多く退社しているという事実もあります。
岡田健史さんも不満爆発!という感じだったのでしょう。

 

真面目な好青年と評判の岡田。事務所との間に何が?出典:NEWSポストセブン

 

岡田健史さん自身、すごくストイックな性格、そして硬派で好青年というだけではなくとても繊細な気質だと言われています。
事務所のやり方や週刊誌で取りざたされている社長の問題なども含めて我慢できなかったのでしょうね。

 

契約期間2年弱を残している岡田健史さんで、両親から恩もある事務所だと言うことで話し合いで解決しろと言われていると報じられています。

 

岡田健史さんは裁判所に契約解除の仮処分を求めているこの騒動。
仕事観もストイックという本人の気質もあり、裁判の内容はガチでしょう。経過を見守りたいですね

 

レッサーパンダのハイネ

二十を超えた男!自分の人生や、悔いの残らないようにやわ。
せや!恩があっても違うと思って納得いかんかったらなぁ。

オウムのオルステッド

 

事務所から出て再スタートした芸能人は他にいる?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenshi Okada 岡田健史(@kenshi_okada_official)がシェアした投稿

 

事務所から出て再スタートした芸能人と言えば、2013年放送のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で一躍お茶の間で話題、人気になった女優の能年 玲奈(のうねん れな)さんがいます。
現在「のん」として活動していますが、のんさんも事務所独立報道から芸名改名で当時、芸能ニュースで大きく取り上げられていました。

 

出典:文春オンライン

 

のんさんは所属していた当時の事務所「レプロエンタテインメント」に報告せずに個人事務所を設立したとしてそれが発端で2015年4月に大きく報道されます。
その後も双方の話し合いは進まず、「専属芸術家契約等の履行及び更新をめぐる諸問題」ということで裁判沙汰になっていきます。

週刊誌で騒がれたのは事務所側が契約満了後も「能年玲奈」を芸名として使うには事務所の許可なくして使用するなと(そんな言い方かどうかはわかりませんがw)警告していたなどと報じられてもいました。

 

ただ”日本音楽事業者協会”では基本的にこのようことがあるようです。

 

「芸能事務所が加盟する音事協(日本音楽事業者協会)のタレント契約フォーマットには、芸名についての条文があります。契約終了後も、使用する場合は前事務所の承諾が必要と記されています。
出典:Smart FLASH

 

芸能界で問題が出たときにそれまで使っていた芸名が使えないというのはなかなか大きな問題ですね。
こだわる人、そうではない人でも対応や思いが違ってくると思いますが、難しい問題ですね。

 

他にも事務所と揉めて芸名を変更した人は…。

 

出典:チケットぴあ

 

歌手の鈴木あみさんもそうですね。
愛称はあみ〜ゴで 1998年 に小室ファミリーでデビューし人気でしたが、2001年ごろからテレビの露出がなくなってしまいました。

 

ここであみさんの両親が出てきて契約内容の確認や仕事の開示請求をし、裁判になっています。
あみさん側が裁判に勝つも、その後の所属事務所が見つからなかったということもあったとか。

 

「前年12月に両親がマネジメント契約終了の確認と出演契約の明細の開示を求めた裁判を起こした。2001年7月に勝訴したが、芸能界での活動の場はなくなった。所属事務所は社長が法人税法違反で逮捕されるなど問題があったが、裁判を起こしては、あみの次の引き取り手が見つかりづらかった」
出典:Smart FLASH

 

2002年に本名の「鈴木亜美」に改名
個人事務所で活動していた時期もありますが、2005年に事務所をエイベックス・マネジメントに移籍したことで本格的に活動を再開して舞台などでも活躍しています。
事務所とのトラブルがあると、大手事務所など大きな力のあるところの後ろ盾がないと、その後の芸能活動ってスムーズにいかないのが常なのかもしれません。

 

その名前が定着しているとなおの事ですが、逆に名前を変えてイメージダウンもせず、その後の芸能活動も順調に進みながら、大成功した人もいます。
2018年9月に亡くなられた女優の樹木希林さん!

 

樹木希林出典:クランクイン

 

樹木希林さんの以前の芸名が 悠木 千帆(ゆうきちほ)って知ってましたか?
1977年に樹木さんは自分の名前をオークションにかけ、2万200円で見ず知らずの人に譲ってしまうということがあったと有名なエピソードがあります。

 

当時、すでに個性派女優として数々の大人気ドラマに出演し、知名度もあったにもかかわらず、思い入れがない名前だったということであっさり手放してしまいます。
その後に新しい芸名を「樹木希林」とし、当初はなんて面白い名前だと思った方も少なくないでしょう。

しかし、それがなんとも樹木らしい名前で前の芸名をいつしか思い出すこともなくなるほど、定着しました。

 

『同じ音が2つ、3つ重なるのが好き』という理由で、漢字のいちばん多い『き』を3つ重ねて、樹木希林に改名した」(芸能プロ関係者)。 後日、「名前は符牒ですから、なんでもいいんです。名前が変わっても、特にどうってこともありません」とあっけらかんと話している。
出典:Smart FLASH

 

ここまでくればもうさすが樹木希林さん!というしかないですね。

 

全体的に言えるのは、ファンに覚えてもらう以外に芸能界としての慣例、権利が絡んでいるんですね。
名前ってそれほど重要なんですね。

 

レッサーパンダのハイネ

芸能界って特殊やからね。
岡田健史くんについては、長引かないでほしいな。

オウムのオルステッド

 

世間の声

 

若手俳優の中でも「中学生日記」以来、ファンは急増しています!
岡田健史が芸名だと知らない人も少なくないようですが、本名で活動できるようになっても変わらず、応援するという人ばかりですね!

 

レッサーパンダのハイネ

あたしも本名になっても応援する!

わしも同じや!

オウムのオルステッド

 

あとがき・まとめ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenshi Okada 岡田健史(@kenshi_okada_official)がシェアした投稿

 

若手ながらその演技力も認められ、まだまだこれからという時期の事務所との契約問題。

 

早く落ち着いてこれからもどんどん実力派俳優として成長していってほしいです。
そして本名の水上恒司として早く活動できるように応援しています!

 

 

この記事から分かったこと!

・岡田健史さんの本名はSNSや出身校の校長先生のブログで判明!
・芸名の由来は事務所社長の名字の「岡田」と「健史」は「剣士」をイメージしたと推測!
・上層部への不満が募り、事務所に契約解除を求め、裁判を起こしている!
・世間からは本名で活動できるようになっても変わらず応援したいという意見が多かった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.