MISIAの家族は全員医者!!あえてMISIA本人だけ歌手になったのはなぜ?家族の博愛っぷりがガチ!!

Pocket

5オクターブの声域を持つ歌姫で魅了と言えば!MISIAさんの名前を挙げる人も多いでしょう。あまり知られていないのがMISIAさんにプライベートです。

実はMISIAさんの実家は医者の家系の様です。MISIA以外全員医者ってすごいですね。
なのにMISIA本人はその道を進まなかった..。なぜなのか気になります。

ここではその理由を探り、MISIAと家族のエピソードもまとめます。

レッサーパンダのハイネ

MISIAIさんはお嬢様なんやね!
医者の家系で歌姫か~~興味しんしんや。

オウムのオルステッド

この記事から分かること!

・MISIAの家系は医者の家系!
・家族構成は?
・家族について
・MISIAが歌手になった理由
・仕事観は?
・世間の声は?

 

MISIAの家族構成は?

 

背骨骨折のMISIA 紅白「先生から太鼓判もらいました」と笑顔/芸能 ...出典:デイリー

MISIAさんの家族は父、母親、兄、姉 です。
MISIAさんは末っ子になります。

 

MISIAさんが家族について話したのは2017年6月23日にフジテレビ系で放送された『さんまのまんま初夏に大笑いしましょかSP』にゲスト出演した時でした。

 

出典:DE COLUM

 

「家族みんな医者なんで『みー医者(イシャ)』なんです」

 

とジョークで話します。

でも家族でMISIAさん以外みんな医者であることは本当なんです…!

 

でも、3人は医者ですね。父、母、兄は医者で、姉は歯医者ですと話すと、さんまから「医者やんか! 『嘘をついておりました』やない。合ってる、合ってる。すごい家族やな!」とツッコミが入った。
出典:RealSound

と明かしています。

 

歌姫MISIAがプライベートについてテレビで口にするということにもなかなか貴重な場面のような気がします。

レッサーパンダのハイネ

MISIAさんの歌も好きだけど、人柄もええんやね~~。
ゆあ~~え~ぶり~し~~~~ん♪

オウムのオルステッド

レッサーパンダのハイネ

し~~~ってなんや?TT

 

家族は自分以外、全員医者!?

 

第71回 NHK紅白歌合戦」出場によせて MISIAから皆さまへ – リズ ...出典:rhythmedia

  • 本名:伊藤美咲(いとうみさき)
  • 生年月日:1978年7月7日
  • 出身地:長崎県対馬市
  • 職業:歌手、シンガーソングライター
  • 活動期間 1998年 –
  • 事務所 :Rhythmedia

 

MISIAさんの本名は「伊藤美咲」さんで長崎県対馬市の出身です。
家族さん以外の家族全員が医者というのはすごく頭のいい家系なんだと想像できますね。

 

前列左側から瑞子さん・新一郎さん・大樹さん出典:あおばクリニック

向かって左:母(伊藤瑞子さん)・父(伊藤新一郎さん)・兄(伊藤大樹さん)です。

 

MISIAさんはお嬢様だったんですね!

レッサーパンダのハイネ

華麗なる一族や~~
ほんまやな~~

オウムのオルステッド

 

父・伊藤新一郎

 

出典:yahoo画像検索

  • 1946年2月生まれ
  • 山口県出身

 

MISIAさんの父・伊藤新一郎さんは「あおばクリニック」を開業された医師です。

 

2021年に78歳くらいになられる年齢ということになりますね。
現在は息子で長男の大樹さんが2代目院長になっています。父の新一郎さんは現役医師としてはもちろんですが、副院長として活躍されているということです。

 

1996年9月に小児科のみの無床診療所「あおばこどもクリニック」として開院しました。2000年1月に内科が加わり「あおばクリニック」と改名さらに在宅療養支援診療所として訪問診療・往診を開始しました。2012年4月には在宅医療体制の強化を行い、強化型在宅療養支援診療所となりました。
出典:あおばクリニック

 

◆あおばクリニック
◆福岡市東区青葉3-1-6

出典:google

 

 

「あおばクリニック」は2000年から内科や訪問診療・往診を開始し、現在では腎臓小児科・循環器内科・呼吸器内科・老年内科・アレルギー科などの診察も行われています。

 

父・伊藤新一郎は長崎大学医学部を卒業しています。1946年生まれということなので入学したのは1964年でしょうか。

1960年代というのは世界的にも学生運動が過熱化し日本もその流れで安保紛争や東大紛争などがありました。

出典:press

 

新一郎さんも学生運動の影響を多分に受け、212日間に及ぶストライキに参加するなどし、一時は医師になることもやめようとしていたということです。

結局、大学を無事卒業し、医師になり現在に至るということです。

 

父・新一郎さんの経歴はこちら!

  • 長崎大学医学部卒業
  • 長崎医療センターに就職し地域医療に従事
  • 長崎県対馬市厳原病院に転任(家族で移住)
  • 厳原病院院長就任
  • 福岡青洲会病院に転職(48歳)
  • 「あおばクリニック」開業、院長(53歳)

 

伊藤新一郎さんは長崎県対馬市厳原病院に転任し、その後厳原病院院長就任した際に妻でMISIAさんの母の瑞子さんを副院長にしたことで長崎県側に反対されます。

そのために友人が開業した福岡県の福岡青洲会病院に48歳の頃に転職したという経緯があります。
妻を副院長にということなので優秀な医師であるということ前提なのでしょうが、なかなか周りには認められなかった様ですね。

 

 

1996年9月「あおばこどもクリニック」開院のとき父・信一郎さんは50歳なのでまだあおばクリニック開業の53歳ではないですね。

長崎・対馬から福岡に移り住んだのちに新一郎さんの妻で、MISIAさんの母である小児科医の瑞子さんが開院されていたのではないでしょうか。

 

その後、新一郎さんは53歳の頃にあおばクリニックを開業しています。
この時に地域在宅医療に特化したシステムである「福岡東区在宅ケアネットワーク」が注目され、高い評価を受けています。

 

レッサーパンダのハイネ

これからの高齢者社会にもありがたいクリニックっちゅーことやね!
なんやMISIAのとーちゃんは医師としても家族を守る男としてもかっこええ人やと思うわ。

オウムのオルステッド

 

母・伊藤瑞子

 

出典:あじさいプロジェクト

 

MISIAさんの母・伊藤瑞子さんは小児科医の医師です。

現在の「あおばクリニック」開業前の1996年9月、小児科診療所の「あおばこどもクリニック」を開院ています。


そのころMISIAはさんの父・信一郎さんは福岡青洲会病院勤務しているので母・瑞子さんが小児科医・院長として「あおばこどもクリニック」をされていたようです。

こちらの記事内に伊藤瑞子先生として「あおばクリニック 前院長」と表記されています。

 

<略歴>

  • 1970年3月 長崎大学医学部卒業
  • 1970年~ 長崎大学病理学第2教室入局 第1・2子出産
  • 1976年5月 病理学教室辞職
  •    6月 国立長崎中央病院臨床研修医(現 国立病院機構長崎医療センター)
  • 1978年7月 第3子出産(産前産後休暇は取得済、育児休業制度は無し)
  •    9月 同、小児科医員
  • 1984年4月 長崎県離島医療圏組合厳原病院小児科医長(現 長崎県対馬病院)
  • 1994年9月 福岡県の病院に勤務
  • 1996年9月 あおばクリニック開業
  • 2014年2月 院長交代、第1子に継承
  • 2017年4月 公立大学法人福岡女子大学大学院 人文社会科学研究科入学
  • 2019年 3月 同、卒業 修士課程修了
    出典:あじさいプロジェクト

 

1978年7月第3子出産MISIAさんのことですね。

MISIAさんの父・新一郎さんとは長崎大学医学部時代から交際し、同棲していたというので濃い大学時代を一緒に過ごしていることになりますね。

 

経歴を見ると2017年4月 公立大学法人福岡女子大学大学院に入学していて、2019年 3月に修士課程修了されているということで、驚きの経歴!
いまだに医師として高い志を持っている素晴らしい方という印象です。

 

ずーっと医師として妻として母としての人生を歩んでいるMISIAさんの母・瑞子さんが共働き子育てについてのインタビューにこのように答えています。

 

夫とは同じ職種の共働きで、実は病院勤務も含め、45年間も同じ職場で一緒に仕事をしてきました。お互いに刺激しあったり勉強になったりしました。職場と家が近く夫婦の職場が同じということは、夫の子育て協力が得やすいような環境づくりとしては良かったと思います。でもそれは田舎でしか実現できませんでしたが。子どもがいると、別の人生を間近で目にすることができて楽しいです。夫は子育てに協力的ではありませんでしたが、仕事を続けることには寛容でよかったです。
出典:あじさいプロジェクト

 

DISCOGRAPHY | 【公式】MISIA | MISIA OFFICIAL SITE出典:MISIA OFFICIAL SITE

 

また子育てについてもこんな風に話しています。

子どもが小さい時に、田舎で育てるのはいいですよ~。

 

共働きで忙しい中、3人の子育てもして…というには周りの助けがとてもありがたかった場面がいくつもあったようです。

 

研修医の若い先生がプールに連れて行ってくれたり、看護師さんは家で子どもとケーキを作ってくれたり、医師官舎の色々なお宅で一緒に遊ばせていただいたりと、休みの日に面倒をみてくれて本当に周囲の方に助けてもらいました。子どもたちが喜ぶことでしたから。

 

そんな中で忙しい両親を目にし、周りの温かい大人の人たちにも触れ、自然の中で笑顔ですごしたMISIAさんの子供時代。

子供のころからそこにはたくさんの「愛情」に恵まれて育っていたというのもとてもよくわかるお話です。

 

出典:あじさいプロジェクト

 

そしてインタビューの中でとても素敵だと思った言葉があります。

 

私は、古いようですが、女性の大学進学が一般的ではない時代で若くして働いている人も多い中、税金で医者にしてもらったと思っています。選ばれた責任を果たすために、とにかく医師を続けることは責務だと感じていました。家族も、仕事の社会的責任も大事だということを、寂しいこともあったでしょうが、その時その時で子どもたちも理解してくれていたんだと思います。
出典:あじさいプロジェクト

 

確かに忙しい両親、特に母親が忙しくて一緒にいられなくて寂しいと思ったのはMISIAさんもそうだったかもしれません。

でもMISIAさんにとってもそんなお母さんを尊敬し、自慢に思っているのではないでしょうか。

ここで紹介したMISIAさんの母・瑞子さんのインタビューは2019年3月のものです。
そして母・瑞子さんは

 

約30年前に長崎県の離島病院で、院内病児保育施設をつくることに尽力された
出典:あじさい
プロジェクト

 

ということで長崎大学病院に勤務する職員のためにつくられた病児保育施設「にじいろ」の開設お祝いとしてMISIAさんのサイン入りの絵本が贈られているということです。

 

出典:あじさいプロジェクト

 

伊藤先生からは、「本人(MISIAさん)も、ずーっと保育園にお世話になっていましたので、『職場にあるといいよね、すぐ会えるから』といっていました。機会があれば、お子様たちに読み聞かせていただければ幸いです。」とのメッセージをいただきました。
出典:あじさいプロジェクト

 

お母さんの考えや行動がちゃんと娘のMISIAさんにも伝わっていると感じました。

 

レッサーパンダのハイネ

仕事も子育てもされてなお、勉強への意欲もあって….頭が下がります!!
MISIAの歌も「愛」の歌が多いのも納得や~~♪

オウムのオルステッド

 

兄・伊藤大樹

 

医療法人あおばクリニック 伊藤 大樹 院長|九州医事新報・中四国医事 ...出典:k-ijishinpo

MISIAさんの兄・伊藤大樹さんはあおばクリニック2代目を継承され、2014年から院長を務めています。

大学は1996 国立神戸大学医学部卒業しています。

 

出典:google

 

神戸大学 医学部の偏差値は、 55.0~67.5 で、 神戸大学 医学部 医学科の偏差値は、 67.5という情報があります。

日本の医学部偏差値をランキングもTOP10にはいる名門校です。

大学卒業後の経歴も素晴らしいのでご紹介します。

経歴

出典:あおばクリニック

 

  • 1996 神戸大学医学部卒業
  • 沖縄県立中部病院~沖縄県立宮古病院勤務
  • 2003 米ハワイ大学臨床内科
  • 2006 米シカゴ・ロヨラ大学病院 循環器科
  • 2010 米カリフォルニア州San Joaquin Hospital 循環器科
  • 2012 あおばクリニック
  • 2014 あおばクリニック院長

 

伊藤大樹さんの専門は「循環器」で米国循環器科専門医として医院で紹介されています。

地域医療の取り組みを発展させたい」を言う志をお持ちのドクターです。

 

当クリニックの活動のベースの一つが、在宅ケアに関する情報交換の場として2008年にスタートした「福岡東在宅ケアネットワーク」です。
 特徴は「個人参加型」のネットワークであること。機関や団体でなくても入会可能です。会の目的はあくまで在宅ケアを学ぶこと。個人単位での参加にしているのは、患者さんの囲い込みなどを防ぐ意味もあります。
出典:九州医事新報 あおばクリニック伊藤大樹院長

 

「福岡東在宅ケアネットワーク」についてですが大樹さんは続けてこのように話しています。

 

私の父である伊藤新一郎、原土井病院の原寛理事長、当時、九州大学の教授を務めておられた信友浩一先生らが始めた勉強会「地域完結型在宅ケア研究会」を前身に発展したものです。

 

 MISIAさんの実家の「あおばクリニック」は父の新一郎さんから兄の大樹さんにとその意志が引き継がれているということなんですね。

 

レッサーパンダのハイネ

理想的な家族経営やない?
医者としての志もええの~~

オウムのオルステッド

 

姉(名前は不明)は歯科医師

 

woman in white shirt holding blue plastic spoon出典:O-DAN

*写真はイメージです。

MISIAさんにはお姉さんは歯医者です。

MISIAさんがテレビ出演の際にお姉さんは歯医者だと話しているので、「あおばクリニック」とは別のところで歯医者さんを開業されているのか?勤務しているのか?ということになりますね。

母・瑞子さんの経歴の中で1970年~ 1976年5月まで長崎大学病理学教室で務めている間に 第1・2子出産となっているのでこの間に生まれているということになりますね。

すでに結婚もされているかもしれません。

 

レッサーパンダのハイネ

こういうのって全員一緒のところなのはアカンの?家族経営ってやつ?
専門分野が違うからな~。

オウムのオルステッド

MISIAだけ、なぜ歌手に?

出典:goo検索

 

MISIAさんの家族はみんな医者ですが、MISIAさんが医者を目指さなかった理由は?

とても敵わないと思って

 

これが理由ということですがどういうことでしょうか。
MISIAさん自身がテレビ出演の際に話した内容はこちら!

 

さんまが医者になろうとは思わなかったのかを尋ねると、「みんなそういう風に行ったので、とても敵わないと思って、違う方向がいいと。本当は保育園の先生になりたかったですね」出典:RealSound

 

子供のころから医者である両親をみて、そして兄や姉をみてそうおもったということなんですね。
先ほどから両親、兄の大樹さんについてご紹介しましたが、ただ優秀というだけではなく本当に医者としての志が高いという素晴らしいご家族という印象があるので、MISIAさんの「敵わない」という言葉になったのかなと思います。

また医者の家系ということで、プレッシャーになったのではないでしょうか。

 

歌手になった経緯

 

d1355-2048-911088-0.jpg出典:PRTIMES

MISIAさんが歌手に鳴った経緯は?

  • 両親も音楽好き
  • 小学生でゴスペルと出会う
  • 映画『天使にラヴソングを2』との出会い

このようなことがポイントになります。

 

もともと両親も音楽好きだったという家庭環境もあった様ですね。
そして対馬市立厳原(いづはら)小学校時代に地元の合唱団に入り、初めてゴスペルと出会ったMISIAさん。

ここまで聞いてもゴスペルとMISIAってまさに!!という感じがしますね。出会うべくして出会ったということの様にも思えます。

 

中学生になると独学で歌を勉強したといいます。
さんまさんの番組でもこのように話しています。

 

「歌も海外で勉強したんだ?」と質問すると、「14、15までは独学で。身体ができるのは16以降だから、それ以降に習えばいいと言われて。16から歌のレッスンとオーディションを受けていきました。でも、ほとんど独学でした。私が高いレンジだったんですね。そこまで高いレンジの先生に出会えなかったのもあって」と明かす。
出典:RealSound

 

MISIAさんは中学校時代に長崎の対馬から福岡に転向し、高校は福岡県立香住ヶ丘(かすみがおか)高等学校に進学しています。

このころにMISIAさんに影響を与えたのが映画『天使にラヴソングを2』に出演していたローリン・ヒル(Lauryn Hill: 1975年5月26日生まれ、アメリカ合衆国の女性R&B歌手)でした。

 

出典:nicovideo

当時のローリン・ヒルがこの映画に出演したのはまだ歌手としてブレイクする前で日本でも無名の時期です。

彼女のルーツは、16歳の時に見た映画「天使にラヴソングを2」の中でゴスペルを歌う、ローリン・ヒルだという。そして、黒人のボイストレーナーに師事し、本格的にブラック・ミュージックを歌うことに取り組み始めたのがMISIA誕生のきっかけである。
出典:HMV

 

映画公開時のローリン・ヒルは18歳くらいで当時のMISIAと年齢も近かったということも影響した理由だったかもしれませんね。

 

Lauryn Hill出典:audacy

 

 

MISIAさんは福岡の西南学院大学にも進学しています。

ですが、入学して翌月(5月)に受けた九州朝日放送主催のオーディションで運命が動きます!
そこで当時BMGジャパンの音楽プロデューサー・与田春生さんに見いだされたことでデビューが決定したということです。

与田さんは名プロデューサーとしてMISIA以外にも加藤ミリヤ、AI、初期のきゃりーぱみゅぱみゅを手掛けていることでも有名な方です。

そして1998年にシングル『つつみ込むように…』でデビューします。
それからすでに20年以上、その歌声を私たちに届けてくれています。

レッサーパンダのハイネ

すごく有名なアーティストの影響を受けたということではないゆーとこがMISIAだな~と思うんやけど。
あの映画はウーピー主演やからそっちに目が行きがちやけどな。やっぱMISIAや!
医療の世界やなしに音楽の世界にいてくれてありがとー!そんな気持ちやな。

オウムのオルステッド

 

MISIAの仕事観は?

 

MISIA(撮影:百々新)出典:natalie.mu

 

つねに純粋に心ときめく曲を作っていきたい。
出典:ORICON MUSIC  2014/12/08

 

このシンプルでしっかりしたポリシーがMISIAさんの変わらない軸になるものだと思います。

 

やっぱり長く歌い続けるとか長くものごとに取り組むっていうのは一種、変わり続けることだったりもしますから、変わらないものを守るために変わるというか。そのための新たな挑戦は必要。
出典:ORICON MUSIC  2014/12/08

 

そして変わらないものを守るために変わることも受け入れているというその感覚も心の柔軟性をもっているということでしょうか。

それってMISIAさんの音楽をはばあ拾い年齢層の人が求め、受け入れていることにも繋がっているのではないでしょうか。

 

音楽に関しても、感覚でやっちゃうとこは変われない感じたままメロディーを出すとか、そういう部分はずっと大切にしていきたいです。
出典:ORICON MUSIC 2014/12/08

 

らしい!多くの人がこの言葉にMISIAさんらしさを感じていることでしょう。

MISIAさんの2018年12月のインタビューでとても深く心に残る言葉で話しています。

MISIA、かっけー!」だけでいいのか 紅白に突如現れたレインボーに感じ ...出典:wezz

 

皆さんがいたから私は歌手になれた。みんなに歌手にしてもらえた
出典:natalie.mu

 

20周年を迎えたMISIAさんが『やっと歌手になれた』と言い、それはMISIAの音楽を見て、聴いているみんながいたからと…。

 

これがMISIAという歌手なんだと思わせてくれて、MISIAという歌手はこれからも歌い続けてくれるという確信の様なものを持ちましたね。

 

人としてもとても素晴らしい心を持った方だと思いました。
ここで思い出すのは、先ほどもご紹介しましたが、医師になるために国立の大学を出られたMISIAさんのお母さんの言葉です。

 

「税金で医者にしてもらった」

「選ばれた責任を果たす」

「意思を続けることは責務」

このようの思われているMISIAさんのお母さんの影響をMISIAさん自身も受けているのではないでしょうか。

 

私はたぶん引退しないし、一生歌い続けていくと思っている
出典:natalie.mu

ファンにとってこれほどうれしい言葉はありません。
MISIAさんの仕事観というより、生き様の様にも感じます。

 

レッサーパンダのハイネ

なんや感動してしまうわ
育ってきた環境や親御さんも素晴らしいんやな。

オウムのオルステッド

 

世間の声

 

 

 

 

レッサーパンダのハイネ

ライブを楽しみにしている人がほんま、多いんよね。
家族がみんな医者に驚きの声もあるんやな~~。

オウムのオルステッド

 

あとがき・まとめ

 

MISIAの歌は本当に魂の歌。
そして本当に多くのファンがいてこれからもずーーーっとその歌声を届けてほしいと思っている人も多いです。

ますます活躍を期待しています!

この記事から分かったこと!

・MISIAの家系は医者の家系!
・家族構成は父、母、兄、姉!
・父は開業医、母は小児科医、兄は現在父の病院で勤務
・歌手になった理由は家族とは違う道を.。プレッシャーもあった様だ。
・仕事観『みんなに歌手にしてもらえた』
・世間の声はライブを楽しみにしている人が本当に多い

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
それではまた次の記事で~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.